/

この記事は会員限定です

GNPが復活する? きっかけは2015年のアイルランド

統計の森を歩く

[有料会員限定]

グローバリゼーションの進化で一国経済の統計的な把握が難しくなってきた。そこで、かつての「国民総生産(GNP)」が国際的な議論の場で見直されつつある。議論の火に油を注いだのは2015年のアイルランド経済の急成長だ。

多国籍企業が相次ぎ子会社設立

アイルランドの15年の国内総生産(GDP)は実質で24.4%増となった。債務危機から立ち直る途上にあったとはいえ、経済協力開発機構(OECD)に加盟する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

国内外で毎月、毎四半期などに発表される様々な経済指標。どう読み解き、資産運用に役立てるのか。マーケットやマクロ経済を30年近く取材してきた日経QUICKニュース編集部の穂坂隆弘次長が解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン