/

この記事は会員限定です

米量的緩和縮小「21年10月~22年3月開始」8割 市場関係者

NQN緊急アンケート 株価への悪影響は限定の見方

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は16日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、これまで2024年以降としてきたゼロ金利政策の解除時期を23年に前倒しする方針を示した。米経済の回復と物価上昇率の加速が背景にある。FRBは政策金利の引き上げに先行して、国債などを買い入れる量的金融緩和の縮小(テーパリング)にも動くとみられている。日経QUICKニュース社(NQN)が市場関係者に緊急アンケートを実施した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン