/

この記事は会員限定です

規制に揺れる中国株 安全な投資先は「国策銘柄」

「テンセント売り・SMIC買い」鮮明に

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】今週の中国株式相場は中国政府の産業規制の強化に翻弄された。ネットや教育、不動産など幅広い範囲での締め付けに、花形銘柄の電子商取引(EC)最大手アリババ集団やネットサービスの騰訊控股(テンセント)が急落。環境の激変を受け、投資家はポジション変更を急いでいる。

「避難先」は半導体、EV、環境関連

「専門家が教える避難銘柄」――。今週の香港や中国の現地メディアではこんな記事が相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン