/

この記事は会員限定です

株、岸田首相への評価はようやく「中立」か

英金融街で講演、にじむ市場への配慮

[有料会員限定]

「安心して日本に投資してほしい。インベスト・イン・キシダ(Invest in Kishida)だ」。英国の金融街シティーで5日に講演した岸田文雄首相はこう述べた。「新しい資本主義」を唱え、株式市場の動きには目を向けないとみられてきた首相。この発言をきっかけに市場の評価は変わるのだろうか。

多くの市場参加者は安倍晋三元首相の発言を思い起こしたに違いない。2013年9月、安倍氏が米ニューヨーク証券取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン