/

この記事は会員限定です

上海「科創板」開業2年 ネット企業の受け皿にはならず

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】中国・上海の新興企業向け市場「科創板」が間もなく開業2周年を迎える。順調に規模を拡大し、主要株価指数も高値圏にある。だが、中国当局がネット大手など民間企業に対し厳しい姿勢に転じるなか、開業当初に目立った先進的な色合いは薄れつつある。

科創板は2019年7月に開業した。21年7月15日時点の上場銘柄数は310銘柄と、開業時の25銘柄の10倍以上に増えた。同日時点の時価総額ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン