/

この記事は会員限定です

債券市場に閑古鳥、日銀オペ「減額」観測も不発 

[有料会員限定]

国内債券市場が閑散だ。量的金融緩和の縮小(テーパリング)を巡って上下する欧米とは違い、日本の長期金利は低位安定が目立つ。新型コロナウイルスの緊急事態宣言の延長論が強まるにつれて、一時は盛り上がるかと思われた日銀の国債買い入れオペ(公開市場操作)の減額観測も不発に終わりそうで、市場では閑古鳥が鳴いている。

24日の国内債券市場で、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは前週末から横ばいの0・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン