/

この記事は会員限定です

債券、「荒れ相場」から2カ月 今なお残る余波

[有料会員限定]

16日の国内債券市場では幅広い年限に買いが入り、金利が低下(債券価格が上昇)した。日銀の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール=YCC)の修正を巡る海外勢との攻防で、荒れ相場となった6月に比べ、市場は徐々に平穏になってきたようにみえる。だが、細部に目をこらしてみると、当時の余波はまだ残ったままだ。

16日の国内債券市場では長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは前日比0.015%低い0....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン