/

この記事は会員限定です

1㌦=114円台に下落「米利上げ前倒し」「国内勢が海外投資」

専門家の見方

[有料会員限定]

外国為替市場で円安・ドル高が止まらない。15日の東京の取引時間帯には2018年11月以来、約3年ぶりに節目の1ドル=114円を突破した。米国の金融政策の正常化に伴う日米金利差の拡大観測や、原油高による貿易赤字の増加懸念が円売り・ドル買いを促している。今後の見通しを専門家に聞いた。

「米利上げ前倒しの見方、日銀との違い浮き彫り」

植野大作・三菱UFJモルガン・スタンレー証券・チーフ為替ストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン