/

この記事は会員限定です

日銀の地銀改革支援策、動き出す 短期金利に上昇圧力

[有料会員限定]

日銀が2020年11月に導入を決めた地域金融機関の改革支援策が動き出す。統合や経費削減など経営基盤を強化する地域金融機関への優遇金利を16日から適用する。経営改善に動く地方銀行や信用金庫などが優遇を得られる割合が想定よりも大きくなれば、短期金利には上昇圧力がかかるとみられる。

日銀は2022年度までの3年間の時限措置として「地域金融強化のための特別当座預金制度」を導入している。一定要件を満たせば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン