/

この記事は会員限定です

乱高下の香港株 「中国政府の姿勢」めぐり一喜一憂

[有料会員限定]

【NQN香港=桶本典子】今週の香港株はジェットコースターさながらの乱高下だった。主要株価指数のハンセン指数は14~15日の2日間で10%下げた後、16~17日の2日間で今度は17%上げた。投資家の一喜一憂の原因になったのは、同様に急転した「中国政府の姿勢」だった。

「緩和サイン」で週半ばから急騰

「中国政府は締め付けを終えた。中国ネット株はもう大丈夫だ」(プルデンシャル証券の張智威アソシエイト・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン