/

この記事は会員限定です

TOSHIBA買収提案 「白馬の騎士」、狙いは中国包囲か

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

「TOSHIBA」に友好的買収者、いわゆるホワイトナイト(白馬の騎士)が相次いでいる。半導体大手キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)に続き、東芝本体への買収観測が7日、浮上した。だが、白馬の騎士の「素顔」はよくみえない。激化する米中のハイテク覇権抗争といった地政学上の変化が、日本の産業を大きく揺さぶり始めた可能性がある。

バイデン成長戦略と重なるタイミング

米半導体大手マイクロン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン