/

この記事は会員限定です

中国企業、やまぬ資金繰り懸念 恒大集団の次は蘇寧

華融も予断許さず

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【NQN香港=須永太一朗】相次ぐ中国企業の債務問題が、金融・資本市場に影を落としている。不動産大手の中国恒大集団は当面の資金繰りにめどをつけたが、次は小売り大手の蘇寧易購集団が矢面に立たされている。国有の不良資産受け皿会社、中国華融資産管理も予断を許さない状況が続く。海外投資家の資金も広く集めてきた中国企業の信用(クレジット)の低下が広がれば市場の波乱要因になりかねない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン