/

この記事は会員限定です

中国ネット大手2強、時価総額で世界トップ10陥落

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】中国政府が「共同富裕(ともに豊かになる)」を旗印にネット大手への締め付けを強めるなかで、中国ネット大手2強のアリババ集団と騰訊控股(テンセント)が難局を乗り越えられずにいる。17日までに世界の時価総額ランキングのトップ10から両社の名前が消えた。一方で、車載電池の寧徳時代新能源科技(CATL)の躍進が続くなど、アジアの投資資金の流れに変化が生じている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン