/

この記事は会員限定です

時差にご用心 短信と四半期報告、開示順にルールなし

[有料会員限定]

上場企業の情報開示は、東証の適時開示情報閲覧サービス(TDnet)が先か、金融庁の電子開示システム(EDINET)が先か――。財務情報の「速報」と位置づけられる決算短信を公表するTDnetへの開示が優先されるとみている市場参加者が多いかもしれない。実はどちらが先という決まりはない。

今月11日、東証マザーズ市場に上場する日本電解の情報開示の時間差が市場で話題になった。四半期報告書がEDINETに開示された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン