/

この記事は会員限定です

日本電産株が急落 ここにも半導体不足の影

次期CEOの「歌声」に期待も

[有料会員限定]

23日の東京株式市場で日本電産株が急落した。22日に発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)の内容が市場の高い期待に届かず、失望売りを浴びた。主要企業の3月期決算発表の「トップバッター」として期待も高かったが、日電産といえども世界的な半導体不足の影響は避けられないことが明白となった。

一時8%安、利益予想が期待に届かず

日電産株は23日前場に、前日比8%安の1万2800円まで売られる場面があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン