/

この記事は会員限定です

香港返還25年「株式市場拡大、ドルペッグが独自性維持」

現地の市場関係者に聞く

[有料会員限定]

香港は7月1日に中国返還25周年を迎える。香港株式市場はその間拡大を続け、時価総額は1997年当時の3兆香港ドル程度から2021年には40兆香港ドル超とおよそ13倍に増えた。上場銘柄数も97年当時の約600銘柄から22年3月末時点で2500銘柄余りに増加。主要株価指数であるハンセン指数の構成銘柄に占める中国本土系銘柄の比重は7割近くに高まり、市場全体の中国色が強まった25年間でもあった。今後はど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン