/

この記事は会員限定です

米アークの中国株売り続く ETF市場でも強まる規制懸念

[有料会員限定]

米中の両規制当局による中国企業への規制強化を受け、海外投資家の中国本土・香港株売りが続いている。米運用会社アーク・インベストメント・マネジメントは7月、旗艦ファンドで保有する騰訊控股(テンセント)とネット不動産仲介の貝殻找房の全保有株を処分した。中国企業に投資する主要な上場投資信託(ETF)からの資金流出も目立っている。

中国規制当局は7月2日、米ニューヨーク証券取引所に上場したばかりの中国配車最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン