/

この記事は会員限定です

感染拡大「今年度、マイナス成長も」

大和総研シニアエコノミスト 神田慶司氏

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大している。2021年度の経済見通しについて大和総研のシニアエコノミスト、神田慶司氏はプラス3.7%成長をメインシナリオとするものの、新規感染者が増加すれば成長率はマイナス0.7%というリスクシナリオも示す。「感染力の強い変異株の流行やワクチン接種の遅れ」をリスクに挙げる神田氏に見通しを聞いた。

――21年度の実質成長率の予測を教えてください。

「プラス3.7%と予測し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン