/

この記事は会員限定です

中国新興EV、4~6月出荷は減速鮮明 生産回復に期待も

[有料会員限定]

中国の新興電気自動車(EV)メーカー3社の2022年4~6月期の出荷見通しが9日までに出そろった。自動車関連の産業が集積する中国・上海市が3月下旬~5月末に都市封鎖(ロックダウン)措置を実施した影響でサプライチェーン(供給網)の混迷が深まり、3社そろって前四半期から出荷台数が減少する。

現状は最大3割減の見方

小鵬汽車(シャオペン)と蔚来集団(NIO)、理想汽車(リ・オート)の3社が見通しを発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン