/

この記事は会員限定です

「お手本」トヨタが株式分割 他企業への波及に期待

[有料会員限定]

トヨタ自動車が約30年ぶりに株式分割を実施する。最低投資金額の引き下げで個人株主を増やすのが狙いとされる。国内トップ企業であるトヨタはこれまでさまざまな場面で日本企業の「ベンチマーク(指標)」の役割を果たしてきた。市場の活性化や持ち合い株の解消などを進めるうえで個人株主の存在は無視できない。上場企業全体への波及が期待されている。

トヨタは9月末を基準に1株を5株に株式分割する。単元株(最低売買単位)の100株...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン