/

この記事は会員限定です

動く政府消費、経済成長率をかく乱

[有料会員限定]

普段はあまり動かない政府消費が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で大きく変動して国内総生産(GDP)の成長率をかく乱している。2021年1~3月期のGDPのマイナス成長はサービス消費の低迷が主因となったが、観光需要喚起策「GoToトラベル」の一時停止による政府消費の落ち込みも見逃せない。

政府消費、前期比1.1%減

内閣府が8日発表した21年1~3月期のGDP改定値(2次速報値)は前期比の実質成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン