/

この記事は会員限定です

日本郵政、見えぬ成長ストーリー 最終売却も需要懸念

[有料会員限定]

政府は6日、日本郵政の株式を追加売却すると発表した。これで政府出資分の売却は完了する。2015年11月の第1次売却のような株価が上向き、売買が活性化していた熱狂は、現在の市場にはない。市場ではエクイティストーリー(成長戦略)が見えにくいとの指摘が多く、投資家需要を懸念する声が多く聞かれる。

「主幹事証券の営業担当は相当頑張らないといけない」(国内金融機関)。売却が発表された翌日に市場で聞かれたのは、需要を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン