/

この記事は会員限定です

原油高、円安とビットコイン高誘う

投機筋が狙う「スタグフレーショントレード」

[有料会員限定]

外国為替市場で円売り・ドル買いの勢いが再び増しつつある。6日の東京市場では一時1ドル=111円60銭台と前週に付けた1年7カ月ぶり安値の112円台前半が改めて視界に入った。米経済の優位性や米金利の先高観を背景にした「ドル高」に加え、原油高で輸入に頼る日本の弱点を意識した「円安」の側面も強い。原油高に伴うスタグフレーション(景気停滞下のインフレ)リスクはビットコイン買いにもつながっている。

原油価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン