/

この記事は会員限定です

「空箱上場」ブーム、米SEC声明で変調

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

米国の特別買収目的会社「SPAC」の上場ブームが変調を来している。きっかけは米証券取引委員会(SEC)による会計指針の見直し表明だ。市場では、財務内容の修正報告を迫られるSPACが相次ぐとの警戒感が浮上し、投資家心理に影を落としている。

会計指針見直し、赤字幅が拡大

カナダの電気トラック・バスメーカー、ライオン・エレクトリックとの合併を計画しているSPAC、米ノーザン・ジェネシス・アクイジションが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン