/

この記事は会員限定です

アリババ急伸もテンセント急落 独禁法「次の標的」思惑

[有料会員限定]

【NQN香港=須永太一朗】12日の香港株式市場で、主力ハイテク株の二極化が鮮明になった。中国ネット通販のアリババ集団は急伸。中国の規制当局が10日、独占禁止法違反で過去最大の罰金処分を科したが、事業の先行き不透明感がいったん薄れたとの見方が優勢になった。半面、ネットサービスの騰訊控股(テンセント)や出前アプリの美団は大幅安。規制強化を進める中国当局の次の標的になるとみた短期筋の売りが膨らんでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン