/

この記事は会員限定です

アルケゴスの「兄弟」に関心 米小売株で相対取引観測

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの巨額損失問題をきっかけに、多額の借り入れを利用して一獲千金を狙うレバレッジ投資に市場関係者が神経をとがらせている。7日の米国市場では、一部の銘柄に大規模な相対取引観測が浮上。「すわ第2のアルケゴスか」と動揺が広がった。

「900万株のブロックトレード」

同日の米株式市場の通常取引終了後の時間外取引で、スポーツ用品販売を手掛けるアカデミー・スポーツ・ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン