/

この記事は会員限定です

「中国国債に投資意義 高利回りや分散効果で」

ウエスタン・アセット・マネジメントの土井氏

[有料会員限定]

米国の金融引き締め加速などの影響で、アジア市場でも債券の利回り上昇(価格下落)が目立っている。債券市場の行方や有望な投資先について、米運用会社ウエスタン・アセット・マネジメント日本拠点の土井一人・投資運用部長=写真=に聞いた。

米インフレはピークアウトも

――債券の投資環境をどう見ていますか。

「米国のインフレは近々ピークアウトするか、既にピークアウトしたのではないか。米景気も減速の可能性が高い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン