/

この記事は会員限定です

中国不動産、不安の霧晴れず 当局は異例の後押し

[有料会員限定]

【NQN香港=須永太一朗】中国の不動産業界への懸念がくすぶり続けている。中国当局は一部の大手に対し異例の社債発行を要請。金融機関には住宅ローン金利の引き下げを促すなど、不安の払拭に向けた政策が今週相次いで打ち出された。だが、2021年秋以降の不動産各社の信用不安で冷え込んだ消費者や投資家の心理回復は容易ではない。

18日に人民元建て社債の発行方針を打ち出した不動産大手の碧桂園控股。期間3年で発行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン