/

米CPI高騰いつまで続く、不気味なドル長期金利下落も

12月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比7%の上昇と39年半ぶりの伸びをみせた。インフレ傾向はヒートアップしているが、市場の反応は冷ややかだ。

まず債券市場では10年債利回りが1.7%台で前日比マイナスの局面もあった。これはサプライズ。通貨投機筋の多くは、CPIの劇的な上昇を予測して、10年債売りポジションを膨らませていたのだ。それが逆目に出て、慌てた空売りの買い戻しが目立った。さらに、そもそも米10年債には長期保有の安全資産として根強い需要がある。12日には新発10年債の入札もあった。結果は総額360億ドルが1.723%で値決めされた。入札倍率は2.51倍。まずまずの好結果とされる。

なお、政策金利に連動する2年債の利回りは微増したので、長短金利差は縮小気味。景気後退を示唆する「イールドカーブ平坦化」の不気味な兆しかと市場は警戒する。

さらに、今年に入り、市場の予想インフレ率を示す1つとされるブレーク・イーブン・インフレ率(10年BEI)を米セントルイス連銀のデータ・シリーズで見ると、1月3日の2.60%から12日の2.48%まで下落している。

この債券市場での異変は、外為市場に飛び火。ドルが急反落した。ドルインデックスは95台半ばから94台半ばまで下落。円相場も114円台半ばまで円高が進行した。ドル買いポジションを膨らませていた通貨投機筋が慌てて売り手じまいに走ったのだ。

この意外な展開を見せつけられ、米国株式市場は当惑した。株価指数も終日、前日比プラス圏とマイナス圏の間をさまよった。前日の米連邦準備理事会(FRB)パウエル議長の議会証言後の安堵感が、いまだに余韻として残り、引け値はわずかながらもプラス圏を維持した。

さて、米消費者物価の高水準はいつまで続くのか。

まず、米労働省発表の統計数字を精査すると、幅広いセクターで物価が上昇している。急上昇の分野もあれば、ほとんど動きがない分野もあるのだが、その急変動の分野を外した中間値をクリーブランド連銀が発表している。この数字は、12月で3.8%と、コアCPIの5.5%よりさらに低い。この中間値が、今回のインフレ傾向の実態の目安とも見られる。

それでも、インフレ傾向が、FRBが警戒する「定着」状態になる可能性もある。供給サイドと需要サイドの価格上昇が共振する複合構造になっているからだ。新型コロナウイルス対策の給付金や失業保険給付増額などで消費者は家具・家電など耐久財などの購入を増やした。ところが生産が追い付かず、流通も滞り、末端価格が上昇した。それでも消費者はコストアップの転嫁を受け入れているが、この部分の物価上昇は年内にも収束しそうだ。対して、人手不足による賃金上昇や、家賃などは、下がりにくい。

さらに、インフレは政治問題化している。

バイデン大統領はインフレ退治策として、港湾やトラック運送など供給サイドに直接介入する対応策を連発しているが、いずれも小粒で供給インフラを変えることは時間もかかる。皮肉なことだが、看板政策を盛り込んだ200兆円規模の財政支出案は1人の民主党上院議員の造反で暗礁に乗り上げた。実現すれば、インフレ加速要因となるところだ。苦しまぎれにバイデン氏は「需要サイドを絞り、国民生活を貧しくさせれば物価は下がるだろうが、私は、そのような政策を良しとはしない」と語っている。

いっぽう、パウエルFRB議長が繰り出す金融政策は、まさに需要サイドを引き締めることでインフレ制御をもくろむ。「物価は雇用と並び中央銀行が守らねばならない。現在のインフレは経済混乱リスクをはらむので国民生活を守るための利上げは必要」と語る。

もし、インフレが制御できないと、中間選挙大苦戦が予想されるバイデン氏からパウエル氏に政治的圧力がかかる可能性もある状況だ。

かくして新型ウイルス由来の新型複合構造インフレは、パウエル氏の言うように「年のかなり後半まで続く」ばかりか、2023年まで「定着」リスクもある。

バイデン政権とパウエルFRBにとっても正念場となろう。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン