/

この記事は会員限定です

外為行動規範、取引電子化踏まえ改定

東京市場委の中村氏、清水氏に聞く

[有料会員限定]

各国の中央銀行と金融機関らが外国為替市場の健全性確保を目的にした統一ルール「グローバル外為行動規範」を策定してから約4年半がたつ。電子取引の拡大など市場構造の変化を踏まえて7月に内容を改定し、市場の公正性や透明性を一段と強化する。改定のポイントや今後の方向性を、東京外国為替市場委員会で議長を務める三菱UFJ銀行シニアフェローの中村直人金融市場部長と、同委員会で書記を務める日銀金融市場局の清水祐希為替課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン