/

この記事は会員限定です

大学ファンド始動「6~7割を株式に配分」

米コロンビア大・伊藤隆敏氏

[有料会員限定]

国内大学の資金力強化と研究力の底上げを目的に、政府は2021年度内にも大学ファンドを設立して運用を始める。当初の運用規模は4.5兆円。資金の6~7割を株式に振り向ける方針を軸に議論が進むなど、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)などと比べてリスク選好度の高いファンドとなる見通しだ。内閣府と文部科学省が設置するファンド運営に関する有識者会議で座長を務める米コロンビア大学教授・政策研究大学院大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2778文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン