/

コモディティーの宴は中締め、円急落に一石も

円売りの波は7日のニューヨーク(NY)市場寄り付きまで続き、1ドル=145円をうかがう局面もあったが、3.35%台まで上昇していた米10年債利回りが3.25%台にまで下落したことがドル売り・円買い戻しを誘発。といっても143円台後半となった程度で、その後は、再び144円台まで円安が進んだ。

さすがに東京時間に円安が急進行したことで、NY市場には「先を越された」ごとき感触が漂っていた。

注目すべきは、ドル金利反落の要因だ。

まず、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油価格が1バレル82ドル前後の水準まで急落した。世界の中銀の利上げドミノによる需要減観測が嫌気された。そもそもジャクソンホール後、コモディティーの下げが目立つ。銅先物価格も7日は持ち合ったが、8月下旬からの下落トレンドが顕著だ。金もレンジの下限とされる1トロイオンス1700ドル大台での攻防の様相だ。

6日に発表された米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数の内訳を見ても、「支払価格」と「入荷遅延」が低下して、供給制約緩和を連想させる。

さらに7日のNY市場でも注目されたブレイナード米連邦準備理事会(FRB)副議長講演でも、ガソリン価格変動のインフレ率への影響が論じられた。6月にはガソリン価格上昇が、FRBが最も重要視する物価指標である個人消費支出(PCE)物価指数のインフレ率上昇に0.4%ポイント寄与したが、7月にはガソリン価格下落がPCEインフレ率下落に0.2%ポイント寄与したとの分析だ。ただし、食品・飲料セクターは上昇基調が続いているとも指摘している。

なお同氏は月次のインフレデータ下落が数カ月連続することが確認できなければ、インフレ目標値2%までの鎮静化はおぼつかないと楽観論にクギを刺した。

さらに同講演では、FRBは引き締め過ぎリスクと引き締め不足リスクの背反に直面するであろうと述べたことが、パウエル議長の表現よりハト派的と解釈された。ただし、利上げはしっかり継続との基本路線から逸脱はしていないことも明言している。

結局、市場のいいとこ取りで、株買いの材料にされた感がある。

対して外為市場での円売り仕掛け人たちには、格好の利益確定の円買い戻しの口実を提供する結果となった。そこで円が反騰したところでは、すかさず出遅れ組の新規円売り注文が入る展開だ。

毎度お騒がせのFRB高官発言だが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を20~21日に控え、いよいよ対外発信を控えるブラックアウト期間に入る。その間に消費者物価指数(CPI)発表もあり、市場は疑心暗鬼になりそうだ。

6月FOMC直前のブラックアウト期間中に発表されたCPIが年率8.6%と上振れ、パウエル議長が前回までの発言を覆して0.75%幅利上げを決断したことが「闇討ち」の記憶として市場にはいまだに鮮明に残っている。FOMC後の記者会見質問役の常連FEDウオッチャーのなかには、明らかに恨みに思っている人もいる。「私の質問に、0.75%利上げはテーブルの上にはないと明言したではないか」と不満を漏らしているのだ。

パウエル議長にしても、そのような苦い体験があるからこそ、ジャクソンホールでは、有無を言わせず「殺し文句」を8分に簡潔にまとめ、質疑応答もなく会場を去ったと思われている。

それゆえ9月FOMC後の記者会見では、パウエル議長の本音を探る質問が立て続けに出そうだ。利上げ幅が0.5%か0.75%なのかというより、利上げの終着駅(ターミナル・レート)が4%を超すのかが今や最大の注目点だ。4%の政策金利を半年以上も続けられれば、米国経済への影響はボディーブローの如く効くのは必至だ。

既に、メスター・クリーブランド連銀総裁は「政策金利は来年早期に4%を若干上回り、維持されることが必要で、来年利下げは考えていない」と昨日も含め2回断言した。これが事実となれば円相場1ドル=150円のキッカケになろう。

コモディティーの宴の後には、ほろ苦い夜明けのコーヒーが待っている。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン