/

この記事は会員限定です

規制「次の対象は?」 中国株に広がる疑心暗鬼

米運用会社アークもテック株売却

[有料会員限定]

「次の規制対象はどこか」――。中国当局の相次ぐ規制強化の動きは市場の疑心暗鬼を生み、26~27日の香港株式市場でパニック売りを引き起こした。ゲームや音楽配信、料理宅配ドライバーの待遇改善、教育、不動産と規制対象は広がり続けている。矢継ぎ早に打ち出される新規制は事業環境の不透明感を強め、海外の金融機関は中国・香港株への投資スタンスを急速に変化させている。

バリュエーション引き下げ続く

「中国テック企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン