/

FOMCの乱 そのときハイテクの女王は

26日の米ニューヨーク市場は朝から騒然として、入れ込んだ雰囲気が目立った。「きょうの米連邦公開市場委員会(FOMC)後の米連邦準備理事会(FRB)議長記者会見は、まれに見る重要なイベントになる。パウエル議長のコミュニケーション力が試される」と著名経済キャスターも興奮気味だった。

筆者は朝方、ヘッジファンドのファンドマネジャーたちとズーム会議に参加した。

FOMC後に株が上がれば売りたいという「空売り派」と、落ちるナイフをつかみたいという「押し目買い派」と、意見は真っ二つに割れた。会議というよりコロナのこの時期に、カメラに向かって唾飛ばさんばかりに舌戦が展開された。

さらに共通の話題は「ハイテクの女王」ことアークのキャシー・ウッド氏。今回のハイテク株急落で、アーク・イノベーションは、昨年の高値から、ほぼ半値にまで下げている。

たまたまFOMC前に「ビッグ・アイディア・サミット」と銘打ったバーチャル会議を主催。「イノベーションが大安売り」と語り、目先の市場波乱に惑わされず5年間の長期の視点を持て、と参加者を鼓舞したとのエピソードが流れる。金融正常化の波に巻き込まれ、まさに正念場に立たされたハイテクの女王は、FOMC後のパウエル記者会見に最も注目する一人であろう、と話題になったのだ。

「押し目買い派」は、ハイテク株のバリュエーションが割高なので売られたが、将来のキャッシュフローは期待できるとして、そろそろ買いの値ごろと語る。対して「ゲームオーバー」と冷ややかに見切る向きもいる。

そして現地、午後2時半に記者会見開始。

米ダウ工業株30種平均はそれまで前日比300ドル超の高値を維持していたが、会見中にみるみる急落した。

特に特定の発言が材料視されたわけではない。

わがままな市場が知りたいことに対する明確な答えがないので、見切り売りが始まったのだ。そもそも市場も、パウエルFRB議長が利上げ回数や量的引き締め(QT)開始時期・規模などに関する具体的な質問に答えられるはずもないことは百も承知なので「わがまま」なのだ。

「かなり利上げ余地がある」とパウエル氏が語れば、すわ年4回以上か、と前のめりになる。

「前回のFOMCで3回利上げ予測が中心値であった。その後、6~7週間後の今、市場は利上げとQTを織り込んでいる。市場とのコミュニケーションはうまくいっているではないか」と言われても、もっと明確な答えが聞きたいとばかりに市場は荒れる。

QTに関しては、さらに突っ込んだ質問も飛んだ。

「かなりのバランスシート縮小を秩序あり予測できる方法で実行する」との答弁に、市場には緊張感が走る。

時期に関しては「次回、そして次々回も議論する。もっとお話しできれば良いのだが、現時点でこれ以上話すことはない」。最後に「I cannot help you.」、あなたを助けられるのもここまで、とダメを押された。

先週来の株価大変動の影響についての質問には「そのような市場の波乱を特に注視しているわけではない」と、すげない答え。市場はすねたように、さらに荒れて見せる。パウエル発言に不透明性が感じられるたびに売りの連鎖が誘発されるごとき様相だ。

会見後、市場には「FRB議長との蜜月は終わった」とのほろ苦い感覚が漂う。

筆者が参加するグループの中でも空売り派はしてやったり。押し目買い派は安値圏で買いを入れたようだ。

ナスダック総合株価指数は、やはり売り優勢となったが引値ベースではかろうじて僅かな前日比プラス圏にとどまった。ハイテクの女王もとりあえず安堵しているのではないか、と市場の噂の材料にされている。

とはいえ、パウエル氏記者会見後も米国市場は依然として混沌としている。キャシー・ウッド氏の厳冬期も、まだ続きそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン