/

パウエル議長を信じたくても信じ切れない市場

最近の米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の語録でウォール街の話題になっている単語が「ソフティッシュランディング(softish landing)」だ。機体が揺れるソフトランディング(軟着陸)という意味が込められている。

17日の米経済紙主催イベントでは「失業率の多少の上昇」を金融引き締めが誘発する「痛み」の事例として挙げていた。米労働市場は強いので、その程度の揺れなら軟着陸との判断のようだ。求人件数が1100万人を超える人手不足を、労働市場逼迫の理由として挙げている。

着陸時の金利水準に関しては、中立金利を上回る可能性も示唆した。

市場は既に年内の政策金利について3%近くへの上昇を覚悟している。

すでに3月と5月で計0.75%の利上げを実施済み。6月、7月、9月と連続で0.5%の利上げ、11月、12月は0.25%の上げとの読みだ。なお、5月、6月、7月の連続0.5%利上げ後に政策効果を点検のうえで、必要とあれば9月の利上げを0.75%とする可能性が高まるとのシナリオもある。そこで、年末の金利予測レンジは2.75~3%となる。

かなりの急速利上げゆえ、やはり、景気後退を誘発するシナリオが気になるところだ。

17日には4月の小売売上高が発表され、前月比0.9%増(季節調節済み)と堅調であった。とはいえ、消費者のバランスシートにおける累積債務も懸念される。これも、着陸時の大揺れ要因となりかねない。

利上げ効果の点検も難しい。パウエル氏は金融政策を刃物に例え「切れは鈍い」と認め、「精密な外科手術のようにはいかない」と語っている。それでも急速利上げという荒療治を「ためらわない」と強い意志を表明した。

なお、0.75%利上げの可能性については、5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後の記者会見で「議論のテーブル上にはない」としたが、クリーブランド連銀のメスター総裁(タカ派)は日本経済新聞のインタビューで、0.75%利上げの可能性を排除していない。ところが、そもそも0.75%の利上げ案を言い出した張本人のセントルイス連銀のブラード総裁(タカ派の先兵)は、17日の講演で「より強いドラマチックな動きはあるか」との問いに対して「0.75%利上げ」には言及しなかったことが注目された。FOMCメンバー内での亀裂も透ける。

さらに、イエレン米財務長官が4月18日に「物価(抑制)と雇用の両方を満たすことは不可能に近い組み合わせだ。手腕と幸運が必要だ」と述べたことがいまだに話題になっている。ブラード氏は5月17日に「リスクマネジメントの備えがあれば、運はついてくる」と話したが、「私は運頼みにはしない」と語っていた。

かくして、FRB高官発言に一喜一憂して、ボラティリティーが激しくなる傾向が続いている。

視界不良の4~6月期は、「無理にポジションは持たず」との姿勢が市場では依然顕著である。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン