/

この記事は会員限定です

米トリプル安、波乱の予兆 官製バブル終幕を示唆

日経QUICKニュース編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

誰かが自分より高値で買ってくれるだろうという「期待の連鎖」で価格が上がる――。合理的バブルと呼ばれる現象だ。その「最後の誰か」としての資産購入の役目を米連邦準備理事会(FRB)は3月に終え、いずれ資産減らしに移る。官製バブルのはしごが外され、期待の連鎖が途切れれば合理的バブルの時代は幕を閉じる。足元で進む米国のトリプル安がそんなシナリオを浮かび上がらせている。

資産購入はリーマン・ショック後に始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン