/

この記事は会員限定です

日経平均31年ぶり高値の先に試練 米株変調・政治に嵐も

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

日経平均株価が14日、年初来高値を上回り、約31年ぶりの高値水準に上昇した。東京株式市場は菅義偉首相の退陣表明をきっかけに経済対策や構造改革への期待がにわかに浮上したが、中国・上海株高や米国からの資金シフトといった外部環境の変化の影響も大きい。国内政治は歴史的な転換点を迎え、高値の先に試練が待ち受ける。

米株から日本株へ、消去法的な選択

「9月から10月にかけて景気や政治の面で世界経済は重大なリス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン