/

人民元高が誘発 仮想通貨と国際商品の規制強化

中国が人民元高抑制のため、切り札を発表した。膨張する外貨預金に対して、民間銀行が中国人民銀行に預ける外貨準備率を5%から7%に高める措置である。市場では「リーマン・ショック以来」と言われるほど強い対応策だ。

中国が人民元高の抑制に乗り出したことは市場に波紋を広げる(中国大手銀行内の「銀行博物館」展示物。17世紀・上海の銀行支店を復元)

連休明けのニューヨーク(NY)市場でも話題になった。人民元高傾向のなかで、ゴールドマン・サックスやブラックロックなど大手米金融機関が相次いで、中国国内の主として個人運用部門への参入加速に動いている矢先のことだからだ。中国政権の視点でも外資参入は米中経済協議のなかで受け入れに前向きな項目でもある。国内の「大循環」と「国際循環」の「双循環」を掲げる国家戦略のなかで、海外マネー流入促進は欠かせない。

とはいえ、人民元高による資本流入には世界的な過剰流動性が生んだ投機マネーも呼び込む「副作用」もある。

そこで中国当局はまず暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)から取引までを「根絶やし」にする規制強化に動いた。さらに、国内商品先物取引所で鉄鉱石などの国際商品を狙う投機筋に対して取引証拠金引き上げなど強い抑制措置を実施した。

しかし株式市場では、中国・香港間ストックコネクト(相互乗り入れ)経由での海外投機マネー流入が加速している。不動産バブルを助長するリスクもはらむ。

人民元高の経済効果としては、製造業分野で輸入部品・素材の国内価格を下げる一方で、輸出部門では国際競争力をそぐ。後者はコロナ後の経済回復を阻害する重大な要因となるので、政策優先順位は高い。さらに前者は生産者物価の消費者物価への転嫁を抑制するので、インフレ防止効果がある。「庶民レベルでの物価上昇」は社会不安を醸成し中国共産党が最も嫌うところなので、ここも政治的圧力がかかりやすい。

かくして「適正水準」を模索する人民銀行は連日、危険な綱渡りを強いられている。それゆえ、今回の人民元高抑制措置に対して人民銀行関係者から「異論」も発せられている。

同行内の序列を見ても、易綱総裁に対して郭樹清副総裁が共産党の意向を受け、にらみを利かせている。人民銀行内の共産党委員会では副総裁の序列のほうが高いのだ。しかも郭氏は中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)のトップという重責も兼務する実力者である。

さらに、習近平(シー・ジンピン)氏の立場では国際通貨基金(IMF)に対して人民元を特別引き出し権(SDR)の第5の国際通貨として認めてもらった経緯がある。あからさまな人民元介入などは極力控え、市場では努めて「お行儀よく」振る舞わねばならない。

なお、人民元高・ドル安は、中国が保有する1兆ドルほどの米国債を売って減らすきっかけにもなりかねない。主たる買い手は米連邦準備理事会(FRB)、日本そして中国頼みの米国債市場ゆえ、ドル金利上昇要因になる可能性が無視できない。

人民元安が世界株安を誘発するような危機的状況は当面考えられないが、政治・経済要因に左右される人民元相場は、常に市場のサプライズ要因と化す可能性を秘めるので目が離せない。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン