/

アウェーの介入はもぐらたたき Xデーは11月2日か

ニューヨーク市場での日本の為替介入が、ウォール街では、どのように見られているか。最も印象的な表現がwhack-a-mole(もぐらたたき)だった。円売り投機家層の顔ぶれが多様化しているのだ。

一方、それほどまで市場介入しなくても、目先は実勢がドル安・円高に傾いている、との見立ても目立つ。

来週11月1~2日には、いよいよ11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。既にブラックアウト期間(FOMC前に参加者が公的発言を控える時期)に入った。米連邦準備理事会(FRB)高官発言の推移を重要視してきた市場は、暗中模索の状態だ。前地区連銀総裁などFOMC体験者たちがメディアに担ぎ出される。今や自由な身のゆえか、大胆な発言も見られ、市場は神経質になりがちだ。

市場が最も注目するポイントはもちろん利上げ。11月は0.75%の引き上げがほぼ確実視されている。問題は、12月の上げ幅だ。0.75%か0.5%か0.25%か。連続0.75%実施の見立てが多く、市場も織り込みに入ったところで、一部のFOMC参加者らから、慎重論が出始めた。ブラックアウト入り直前に、最後のFRB高官発言となったデイリー・サンフランシスコ連銀総裁の講演が、その最たる例だ。

「政策当局者が利上げ幅の縮小を計画し始めるべきだが、まだ大幅利上げから一歩下がる時期ではない」

「市場で織り込まれているはずの0.75%の再利上げとなる可能性はありそうだが、いつまでも0.75%だという考えに固執しないほうがよいと勧めたい」

同氏は、ブレイナードFRB副議長が指名される際に、対抗馬として名前が挙がったほどの人物で、ハト派の代表格でもあった。講演はタカ派に急傾斜するFRB内部に一石を投じたといえる。他のFOMC参加者からの反論も聞きたかったところだったが、ブラックアウト期間入りした。こうなると、市場は揺れる。

株式市場は、目の敵にしている利上げ観測が多少なりとも緩和されれば、それだけで十分な買いの理由となる。

外為市場では、連続0.75%利上げを前提としてドルインデックスが一時は114前後まで上昇したところで、待ったが入り、現在は111台。ドル買い・円売りの人気トレードは自律反転モードになった。そこに、追い打ちをかけるように日本から為替介入が入った。筆者は、投機筋にお灸(きゅう)をすえるにはタイムリーな介入と見たが、ウォール街では、「わざわざ出張介入せずとも、実勢でドル安に動いていたのに」と冷ややかな見解が聞かれる。

いずれにせよ、FOMC後の記者会見でパウエル議長が12月利上げについての質問に答える可能性がある11月2日が、為替介入側にはXデーとなろう。仮に、12月以降の利上げ減速が語られれば、「ドカ雪」のごとく積み上がったドル買い・円売りポジションが表層雪崩をおこす可能性がある。介入当局は、高みの見物となろう。

逆に、12月も0.75%のシナリオとなれば、一転、介入当局にとって正念場となる。ニューヨーク市場でさらに強まるドル買いの荒波に、どこまで抗することができるか。

なお、今週金曜日28日には、FRBが最も重視するインフレ指標であるPCEコアインフレ率が発表される。前回は年率4.9%だったが、今回の事前予測には5.2%という数字なども見受けられる。FOMC直前の前哨戦も無視できず、介入当局の臨戦態勢は続く。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
YouTube豊島逸夫チャンネル
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません