/

この記事は会員限定です

金融庁、投信乗り換えの指針を規範ベースに

[有料会員限定]

金融庁は9月17日、金融商品の適切な取引を促すための指針「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正案を公表した。いずれも投資信託の「乗り換え勧誘」時の注意点などを定めた箇所を見直す。金融機関がクリアすべき要件を列挙するのではなく、最低限必要な項目を例示する形などに改める。「監督指針の内容に幅を持たせることで、各社の取り組みの創意工夫を促したい」(監督局証券課)考えだ。10月18日まで意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン