/

この記事は会員限定です

緩和マネーはマオタイ酒からブランデーに

酒類銘柄、変わる物色

[有料会員限定]

【NQNシンガポール=秋山文人】中国の酒造、貴州茅台(マオタイ)酒の株価が足元で軟調だ。8月に入り年初来安値を更新。23日はわずかに持ち直したものの、他のネット企業とともに、中国当局からの規制が強化されるとの懸念が引き続き重くのしかかる。一方、同様にアルコール度数の高い酒を手掛けるフィリピン銘柄には大量の資金が流れ込んでいる。金融緩和であふれなりふり構わず動いているようにみえるマネーも、機敏に鼻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン