/

アルケゴスの実態、パウエル議長が看破

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が11日、米国地上波三大ネットワークCBSの「60ミニッツ」という時の人を招く1時間番組に出演。キャスターの質問に答え、しゃべり続けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見や議会公聴会よりはるかに発言の内容が濃く、情報量も格段に多い。米国FEDウオッチャーたちは、時間をかけジックリと長文の対談書き起こし原稿を精査している。

注目のアルケゴス問題も、キャスターからの質問に答え、その実態を具体的に説明した。

「問題視されている株スワップは、市場で普通に使われている売買手段」と断じたうえで、「そのリスクを銀行は理解しているはずだ。各銀行が承知していなかったのは、この1人の投資家(ホワン氏という実名は出さず)がニューヨーク(NY)市場の5、6社と株スワップ取引をしていたことだ。各銀行は、その事実を、担保不足による強制売却処分の段階になって初めて知った」と発言した。

「率直に言って驚くべきことだが(パウエル氏の、このような言い回しは極めて珍しい)、1人の個人がリスクは理解しているはずの大手金融機関に巨額の損失を生じさせた。徹底的に調査する」

これまで欧米メディアも、関連大手金融機関は、3月25日に電話会議でホワン氏から債務不履行状態であることを告げられた段階で、初めて複数のライバル社の関与を知った、と報道してきた。それを裏付けるパウエル発言である。

「匿名性」というこのデリバティブ商品の特性により、ライバル銀行もホワン氏の取引残高が巨額に膨れ上がっていたことを察知できなかったわけだ。

報道では、モルガン・スタンレーのアルケゴスとの取引残高は円換算で2兆円超。ゴールドマン・サックスは1兆円超といわれている。

そして、アルケゴス関連銘柄売却処分はいまだ終わっていない可能性も浮上しつつある。

今朝、アルケゴス銘柄の一つである、メディア運営のディスカバリー株をクレディ・スイスが売却との報道が時間外で流れたのだ。

「まだ残っていた、あるいは、残っているのか」

市場は疑心暗鬼である。

さらに14日はゴールドマン・サックス、16日にはモルガン・スタンレーの決算発表を控える。アナリストからアルケゴス関連の質問が飛ぶのは必至だ。

特に、問題視されているのはモルガン・スタンレー社のアルケゴス対応だ。

3月22日、同社が主幹事となるバイアコムCBSの増資が発表され、同社は投資家に増資株を売りさばいた。

その増資発表から3日後の25日に、先述の事態急変によりアルケゴス問題が発覚。

やはり報道によれば、真っ先に「抜け駆け」でアルケゴス銘柄大量売却の口火を切ったのも同社であったという。

結果的に1週間でバイアコムCBSの株価は増資直前の100ドル台から40ドル台にまで急落した。その株価下落から生じる損失を抱えたのは、モルガン・スタンレーなのか、投資家なのか。

同社社内の増資担当の引受部門と、アルケゴスとの直接取引を担当するプライム・ブローカー部門の間に情報の共有はなかったのか。

「抜け駆けか否か」は未確認だが、同社の内部リスク管理体制は厳しく問われるであろう。

なお興味深いのは、大手金融機関との相対巨額取引(ブロック・ディール)で買い手にまわったのがヘッジファンドであったこと。ブロック・ディールでは売り手が割安の価格を提示してくるので、買ってその後の価格反発期に売り抜こうとのもくろみである。

一定の損失は覚悟のうえで、買い手にまわるファンドもあるという。後日、モルガン・スタンレーが別件のIPO主幹事になるとき、当該IPO株をまわしてもらえる、との期待があるようだ。

過剰流動性を持て余す市場環境のなかで生じたアルケゴス問題を利用して、さらにひともうけをもくろむヘッジファンド。貪欲なリターン追求は限りないようだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン