/

この記事は会員限定です

海運株、カギ握る米住宅市場 米金利上昇に要警戒

[有料会員限定]

海運株が戻りを試そうとしている。日本郵船の株価は12日に2カ月半ぶり安値を付けた後、20日午前まで6日続伸した。3月半ばに付けた高値からの調整局面を抜け出したかに見えるが、先行きには不安要素も少なくない。なかでもこれからカギを握りそうなのが米住宅市場の動向だ。

海運大手の業績が2022年3月期に急回復した主因はコンテナ船運賃の高騰だった。その勢いはいまだ衰えず、指標となる中国コンテナ船運賃指数(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1407文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン