/

投信の資金流入額、先進国株式と国内株式で差

投信ランキング

国内の投資信託市場への資金流入が続いている。先進国株式に投資するファンドの人気は継続しており、10月は先進国株式型(QUICK独自の分類)の資金流入額が3208億円と、前月の3082億円から増加した(いずれもQUICKの推計値)。

国内株式型にも10月は325億円の資金が流入したが、前月の2289億円と比べて約7分の1になった。10月は米欧の利上げペースの減速期待などから先進国、国内とも株式相場が大幅反発したが、日経平均株価に連動するインデックス型(指数連動型)などに利益確定を目的とした売りが出たため、国内株式型への資金流入額が減少した。

先進国株式型と国内株式型を対象に、個別ファンドを10月の月間資金流入額でそれぞれランキングし、上位の資金流入額を比較してみた(図表1、2を参照)。

先進国株式型のランキング1位は三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」で、769億円の資金が流入した。米国のS&P500指数(配当込み、円換算ベース)の値動きに連動する投資成果を目指すファンドで、購入時と換金時に手数料がかからず、信託報酬も低いのが特徴。

一方、国内株式型のランキング1位は三井住友トラスト・アセットマネジメントの「インバウンド関連日本株ファンド<愛称:ビジット・ジャパン>」。訪日外国人によって生み出される需要などにより収益の増加が期待される企業の株式に投資するファンドで、171億円の資金流入があった。

「インバウンド関連日本株ファンド」は国内株式型で唯一100億円を超える資金が流入し、10月の投信全体(上場投資信託=ETF、DC・ラップ・SMA専用を除く国内公募の追加型株式投信が対象)のランキングでも6位とトップ10入りしたが、「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の資金流入額とは約4.5倍の差があった。

2位以下も文字通り「桁違い」の差が出る結果となった。先進国株式型は2位の「楽天・全米株式インデックス・ファンド<愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)>」に326億円、3位の「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド<愛称:SBI・V・S&P500>」に300億円の資金が流入。一方、国内株式型は2位の「キャピタル日本株式ファンド」)が29億円、3位の「ひふみプラス」は25億円にとどまり、それぞれ10倍以上の差がついた。

(QUICK資産運用研究所 木下敏秀)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません