/

この記事は会員限定です

日経平均、一時1100円安 市場関係者の見方

[有料会員限定]

21日の東京株式市場で日経平均株価が節目の2万8000円を下回り、前週末比の下落幅は一時1100円を超えた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げの前倒しを示唆する高官発言が18日に出て、同日の米株式市場に続き東京市場でも投資家のリスク回避姿勢が強まっている。当面の下値のめどや今後の相場見通しについて市場関係者に聞いた。

「適温相場」の修正を警戒 徐々に落ち着きか

木下智夫・インベスコ・アセット・マネジメント グローバル・マーケット・ストラテジスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン