/

開き直ったかパウエル氏、FRB経済予測は「眉唾」

(更新)

注目の7月米連邦公開市場委員会(FOMC)後、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見。

利上げペース鈍化の可能性に言及。株式市場には安堵感。外国為替市場はややドル安で反応した。この記者会見はニューヨーク(NY)市場の大引け前に開催されるので、本日のNY市場でさらに材料の消化が進むと、また異なった反応になることが珍しくない。まずは第1波と見ておいたほうが良かろう。

筆者が驚いたのは、パウエル議長があっさり今後フォワードガイダンス(先行き指針)を控えると明言したことだ。

今回の利上げサイクルの最終的落としどころ、すなわちターミナルレートについての質問に答える過程でのコメントだ。

そもそも視界不良ゆえ、四半期ごとに発表されるFRB経済リポートも「うのみにしないほうが良かろう(a grain of salt)」とも述べた。結局、おなじみの「会合ごとに決める(meeting by meeting)」との見解を繰り返した。

「利上げペース鈍化の可能性」への言及を歓迎した株式市場だが、FRB経済リポートを「眉唾」とのニュアンスの表現で語られると、あぜんとするばかりだ。

FOMC後の記者会見出席者常連の米CNBCスティーブ・リースマン氏は、自らのツイッターで「パウエル議長のドアがバタンと閉められる音を聞いた思いだ。FRBが今後予想される米景気鈍化さらにはリセッションへの対応について語ることを完全に拒否した」と発言して怒りをぶつけた。

さて、利上げペース鈍化は2023年に金融緩和への政策転換の予告とも読める。やはり7月FOMCは前座だったようだ。では、9月FOMCでは、より具体的シナリオが語られるのか。最近のパウエル議長の戦術ではまずマーケットの織り込みを待ち、それを追認するかたちで自らの見解を述べる事例が目立つ。市場もパウエル議長を誘うように前のめりに動きがちだ。じれる市場と、時が熟するのを待つFRBの違いが鮮明である。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン