/

5月24~28日の新規設定ファンド

来週(5月24~28日)に新規設定される予定の国内公募投資信託は10本。25日に三菱UFJ国際投信が「MUFG ウェルス・インサイト・ファンド」シリーズを設定する。日本を含む世界各国の株式や債券、不動産投資信託(REIT)などに分散投資し目標リスク水準が異なる「保守型」「標準型」「積極型」と「マネープール」の全4コースで、販売会社は三菱UFJ銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の2社。

28日には三井住友DSアセットマネジメントが「グローバルGX関連株式ファンド<愛称:The GX>」の運用を始める。投資対象は日本を含む世界各国の株式のうち、環境に関する技術の進化や政策の変化に関して成長が期待できるGX(グリーン・トランスフォーメーション)関連企業。「脱炭素技術の進化」「エネルギーのクリーン化」「限られた資源の活用」の3つのテーマから成長が期待できる銘柄を厳選する。販売会社は香川証券や明和証券などの6社。投資対象地域をアジア・オセアニア地域に絞った「アジアGX関連株式ファンド<愛称:The Asia GX>」も同日に設定する。

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン