/

この記事は会員限定です

「最速」政変相場 ポピュリズムが動かす日本株

日経QUICKニュース(NQN)編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

7日午前の東京株式市場で日経平均株価が一時、約5カ月ぶりに3万円台に乗せた。普段は鈍行だが、ひとたびスイッチが入ると特急に変身する日本株の起爆剤は、またもや政局だった。「最速」の政変相場の裏には、米株高で潤った海外投資家の余剰マネーが日本株に流れ込む「トリクルダウン」効果があるとみられる。

小泉サプライズしのぐ上昇

日経平均は7日の取引時間中までの7営業日で計2400円以上上昇し、上昇率は8.7%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン