/

米株式相場、弱気相場入りから底入れまで平均213日

米株価が高値から弱気相場入りまで平均132日。さらに底入れまで213日かかる。23日はS&P500種株価指数の高値から97日目にあたる。この過程ではボラティリティーが高い日が続く。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルがダウ・ジョーンズ・マーケットデータをもとに報じた米株式相場に関するこのデータが、23日のウォール街の話題になった。

特に今回は、米金融政策が超緩和から超引き締めへ短期間に急転換。そこに、新型コロナウイルス禍とウクライナ情勢、さらに台湾有事の可能性など特殊要因が同時進行するという歴史的局面だ。世界中で誰も先行きを正確に読めるはずもない。バタバタしても詮無きこと、との反応が目立った。

せっかく5月のニューヨークは年間で最も気候が良い時期だ。歌手ポール・サイモンは、ニューヨーカーの最大のぜいたくは、その5月に休暇をとること、と語ったものである。おりから、米国ではリベンジ旅行ブーム席巻中でもある。

「Sell in May and go away(5月に売って、旅行に出よう)」という有名な相場格言もあるが、今年はポジションを手じまって、旅行に出たい気分のようだ。

なお、現在の市場環境で注目すべきは、米長期金利の実質利回りが、長く続いたマイナス圏を脱して、プラス圏に入ってきたことであろう。年初1月3日にはマイナス0.97%であったが、5月23日にはプラス0.26%まで、ほぼ一貫して上昇している。これは株に逆風、債券に追い風となる。それゆえ、マネーは債券市場に流れる傾向が強まり、結果的に米10年物国債の名目利回りは3%の大台突破後、2.8%前後まで反落した。それでも、ゼロ金利環境に慣れ切った投資家には、悪くないリターンに映る。

いっぽうで、いまだ現金ポジションを増やす傾向も継続中だ。

4~6月期は模様眺めに徹するファンドも少なくない。

連日の米株価変動も日常茶飯事となると、まともな論評の対象にもなりにくいようだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン