/

金ETF上場体験者の視点、ビットコインは

19日、米ニューヨーク(NY)証券取引所で、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン先物に連動した上場投資信託(ETF)が上場され、オープニングベルとともに売買が始まった。

ETF化により、暗号資産投資の裾野が拡大するという期待感が市場にはあふれる。しかし、ビットコインの先物価格に連動するという立て付けゆえ、正確にはETF(Exchange Traded Fund)ではなく、ETN(Exchange Traded Note)の範疇(はんちゅう)に入り、似て非なる商品だ。決定的な違いはETNは現物のビットコインを購入せず、単に原資産(ビットコイン)価格に連動するということ。対して、ETFはビットコイン現物を購入したうえで、その上に信託権を設定して有価証券化する。規制当局も、先物価格は、商品先物市場を管轄する米商品先物取引委員会(CFTC)だが、ETFやETNは米証券取引委員会(SEC)である。

すでにビットコイン現物ETFも申請はSECに受理され審査中なのだが、認可は下りていない。

筆者は、金という、これもエキゾチック(異国的)とされる投資媒体の現物型ETFの米国初上場に直接関与して、現地でSEC詣でを繰り返した経験がある。ビットコインにせよ金にせよ、伝統的アセットクラスには属さない新たな投資媒体のETFに対して、SECは基本的に極めて慎重である。最終的に完成した目論見書は150ページほどになったが、その約半分は、単なる金市場の教科書的説明であった。それが「リスク開示」とされたのだ。

金ETF上場の経験からいえば、SECとの折衝で彼らが最もこだわったことは、原資産価格に正確に連動するか、という点であった。ETF価格と原資産価格のかい離(トラッキングエラー)を最小限にとどめるためには、ETFの値付けをするマーケットメーカーの存在が不可欠だ。SECは通常、少なくとも3社程度のマーケットメーカーが、円滑な値付けのためには必要とみている。金ETFの場合には、投資銀行のトレーディング部門などがマーケットメーカーになった。

しかし、ビットコイン現物ETFに関しては、現在の取引所も販売等関連会社も、SECの監督下にはない業者だ。マーケットメーカーも、ただでさえボラティリティー(価格変動性)の激しいビットコイン相場が荒れたときに、円滑に大口の売買注文を受けることができるのか。SECから見れば甚だ不安であろう。

そこで、現実的対応として、SECはまずCFTCの管轄下にある先物取引所の価格に連動する「ETN」を認可したとみられる。そのうえで、当面、経過観察の姿勢のようだ。

すでに上場初日から、ビットコイン先物価格と先物ETF価格にはかい離が見られた。さらに、先物価格と現物価格の間にはスプレッド(値差)があり、それがプラスならコンタンゴ(順ざや)、マイナスならバックワーデーション(逆ざや)と呼ばれる。コンタンゴなら、ロールオーバー(限月の乗り換え)のときに、現先スプレッドに相当するコストがかかる。

なお、今回上場されたプロシェアーズのビットコイン先物ETFは、年間手数料が0.95%と設定されている。これは通常の株式ETFの年間信託報酬に比べて高い部類に入る。

このような状況で、先物ETF上場により、例えば年金基金や生保などの機関投資家が参入するとは思えない。「投資適格」になるには、やはり現物型ETFでSECの監督下にあることが条件となろう。

個人投資家の視点でも、ネット上の暗号資産売買に特に抵抗を感じなければ、単にビットコインを購入したほうが余計なコストもかからずシンプルで分かりやすい。

暗号資産業界としても、現物ETFが本丸であり、そのための布石と、市場の裾野を拡大するための足場作りの過程と位置付けられよう。

ウォール街の反応を見ても、米国を代表するバンカーであるJPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は、強い表現でビットコインの資産性を否定するが、顧客の要請は増えている。大勢は「極めて投機性の高い商品」と注意を喚起したうえで、暗号資産関連商品やサービスの提供を無視できなくなっている状況である。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン